ホーム > おうちの痛み早いワーストランキング

おうちの痛み早いワーストランキング

痛み度ワーストランキング1位木部・鉄部
外壁で一番痛みが早いのはやはり、木部・鉄部です。 弊社では下地処理に専用の塗料をし刷毛とローラーの使い分けをします。木部は木目に沿って塗り、鉄部はしっかりケレン作業をし材質を見極め下地処理を行います。

木部・鉄部は一番最初に痛み出します。木部は湿気を吸い塗料が剥がれてきて鉄部は錆が出てきて、錆が錆を引き寄せます。そうならないためにも早めのメンテナンスが必要になります。


痛み度ワーストランキング2位外壁
外壁の痛みはチョーキングやクラック(亀裂)そのほか、コケが付いたりと目に見えるものから触ってみないと分からないものまで多数です。下地処理をしっかりすることで、雨漏れなどの防水効果にも貢献します。

外壁は塗料によって寿命が違うのですが、チョーキングとは装面の表層樹脂に劣化が起こり、塗料の中の顔料がチョークのような粉状になり消耗していく現象・状態を指します。そうならない為にもおおよそ8年ないし10年の塗り直しが必要になります。


痛み度ワーストランキング3位屋根
屋根は24時間365日紫外線、赤外線に晒され、特に夏の屋根に近い部屋は通常では考えられないくらいの暑さがこもります。その為、塗り替えには遮熱効果のある塗料の選定が重要と考えます。屋根板金の抜けかかった釘なども打ち直します。

屋根は地上からではあまり見ることはできないのですが、日に日に劣化を誘発していき、鳥の糞や、コケが生え雨樋いの詰まりや破損の原因にもなります。余計な出費にもなりかねない屋根の劣化には気を付けたいものです。


痛み度ワーストランキング4位防水
屋上の防水部分はもっとも雨漏れの原因になります。特にドレンは鋳物でできており、雨水がゆっくり流れていくことに対し非常に湿気が多い場所です。その結果、錆が発生し、防水の劣化を引き起こしコンクリートに染み込んだ結果、天井などから雨水が滴り、お部屋のクロスの剥がれなど二次被害三次被害が考えられます。

二次被害三次被害を出さないためにも早めの対応はいうまでもないのですが、ウレタン防水やFRP防水は3年から5年を目処にトップコートの塗り替えをすることで、費用を抑える施工もあります。


これらの原因から、常に自然を相手にしているおうちの、日々進んでいく劣化を食い止めることができますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらまで!

042-426-8662

受付時間 朝9:00~夜7:00(土・日対応可)
ホームページを見たのですが…』とお電話ください。