ホーム > 屋根塗装

屋根塗装

%e4%b8%8a%e5%a1%97%e3%82%8a%e3%83%bb%e9%ab%98%e6%9c%a8%e9%82%b8-%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88_2002

屋根は住宅の中で最もダメージを受けやすい場所です。
定期的なメンテナンスをおすすめします!
このページでは屋根塗装の流れ、施工実績、よくあるご質問など、屋根塗装をする時の疑問を解決いたします。調布市・府中市・三鷹市で屋根塗装をするなら、桧成リノベーションにご相談ください!

お問い合わせ・ご相談はこちらまで!

042-426-8662

受付時間 朝9:00~夜7:00(土・日対応可)
ホームページを見たのですが…』とお電話ください。

屋根塗装の流れ

①水洗い

高圧洗浄機で汚れやコケを除去します。ここで手を抜くとすぐに塗装が剥がれてしまいますので、スレートが重なっている箇所や棟板金、屋根の隅付近は 特に念入りに洗浄します。

水洗い

②錆止め

錆止め

③下塗り

シーラーというスレートと塗料のつなぎをよくするための塗料型の接着剤を塗ります。

下塗り

④タスペーサー

タスペーサーとは、屋根塗装時にスレートとスレートの間に差し込む部材です。タスペーサーの役目は、スレートとスレートの間を塗料が塞いでしまうのお防ぐために隙間を確保すること、またその隙間にはスレート下の湿気を外部に逃がす役目もあります。

タスペーサー

⑤中塗り

下塗りから最低三時間は経過させてから中塗りをします。平面部で広いところはローラーで一気に塗ります。

中塗り

⑥上塗り

仕上げ塗りは中塗りから二時間以上、空けてから行います。

上塗り

⑦縁切り

瓦の重ね目に塗料が入り込み、そのまま乾燥すると重ね目が塞がった状態になります。塗料乾燥後に塞がった隙間の塗膜を切って、水の通り道を確保する工程です。

縁切り

お問い合わせ・ご相談はこちらまで!

042-426-8662

受付時間 朝9:00~夜7:00(土・日対応可)
ホームページを見たのですが…』とお電話ください。